ゴラッソ

音楽やサッカー日常のことを書きます。

VS浦和レッズ

現地参戦してきました。関東在住のレッズサポの方が吹田スタジアムまで遠征に来てくれました。少しお会いして楽しい時間を過ごせました。ゴール裏サポなので、スタジアムに入場してから会うには、一旦外へ出なければなりません。
バリケード貼られているし、トラブル防止の為なので仕方ないんですけどね…
いろんなチームのサポーターと友だちの方もいれば、レッズサポと仲良くするなんてありえへんと思う方もいるので、仕方ないんですけどね…


ミッドウィークにACLを戦った両チームのビッグマッチ。ホームでレッズを迎えての試合。試合は1−1で引き分けです。
ロスタイムにPKを決められての引き分けですが、チャンスの数が圧倒的にレッズでボールが枠に飛んだり、ポストが助けてくれなければ負けていてもおかしくなかったと思います。ロスタイムまで勝っていたのであわよくば勝ちたかったですが、負けなくて良かったですし、勝ち点1を拾ったように思います。


この試合のターニングポイントは藤ヶ谷の怪我です。
良かった事は田尻がデビューできた事。ビッグセーブもありましたし、PKもあわやでしたし、上々のデビューだったと思います。次にチャンスがあるか分からないポジションだったのでの涙だったのかもしれませんが、サポーターはこの試合のように支えてくれると思います。ガンバれ。

悪かったのは交代枠を1枚使ってしまった事です。
試合終盤長沢と倉田はバテてました。もし交代枠が1枚残っていたなら、僕はどちらかを交代させたほうが良かったと思います。セットプレーの守備の事を考えると長沢じゃなく倉田だったと思います。
GKに交代枠を使ってしまったので、この交代が出来なかったのが悔やまれます。もう少し押し込まれなかったかもしれませんし、赤崎をもう少し早く投入出来たかもしれません。倉田じゃなかったらハンドがなかったかもしれません。

ただ試合内容はガンバが上回っていたとは到底思えないので、仕方無しの結果だと思います。


・ガンバはハマれば強い、ハマらなければ…

ガンバの戦い方は守備がハマるかハマらないかなのでしょう。枚数合わせてプレスを掛けたり、高い位置でボールを取られても直ぐにプレスを掛けれたら早い攻撃を仕掛けられ、躍動感のある魅力的で圧倒的なサッカーが出来ます。ただ、前からのプレスの枚数を合わせられなかったり、5バック気味に守られると厳しいです。
いい時はボールを持っている時に人が湧き出てきますが、上手くいかない時は選手間の距離が悪いし、パスコースが少なく、難しい攻撃を行うので上手くいかないです。相手との相性があるのかと感じます。

引かれた相手に今野では厳しいと思いますが、今野を外す事は出来ないので難しいです。江蘇蘇寧とレッズとの試合で課題が出たので中断期間で修正出来ればと思います。先制点に繋がる倉田のプレーのように、ドリブルで打開出来る選手をもう少し上手く組み込めればなぁと思います。


Jリーグは代表ウィークでお休みです。ガンバから今野と倉田が選ばれています。活躍して怪我せず無事に帰ってきてほしいです。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/21(火) 06:51:37|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS江蘇蘇寧

ACL第3節ホームでの江蘇蘇寧を現地観戦してきました。
試合は0-1でガンバ負けました。江蘇蘇寧は強かったです。引いた相手を崩せずに、カウンターからゴラッソくらってしまいました。
CKのこぼれ球を後ろへ戻してボールを取られたので、勿体無く悔いが残る失点です。

この失点の場面は倉田がボールを中へ入れれず、ボールを後ろに戻した事から始まってます。この試合中、倉田はずっと窮屈そうにプレーしていたので、僕らが思っている以上にこの試合ずっとプレッシャーがキツかったのだと思います。

相手はガンバと同じフォメに見えましたが、前線からプレッシャーを掛けるよりは引いて守るを選択していました。5バックの場面が多かったです。中盤が3枚だったので素早く展開すれば、逆サイドが空いたりすると思いますが、プレッシャーがかなりキツいので、ガンバはビルドアップに人数を割くからなのか、この試合は前線に人数が足らなかったですね。
普段スーパーな助っ人と対戦しているからなのか、スーパーな助っ人がしっかり守備のタスクをこなしているからなのか、江蘇蘇寧の守備はかなり堅かったです。
引いて守られている上に、ボールを持たされてたのも良くなく、ガンバは前線からいい形でプレスを掛ける事も出来なかったです。

引いて守られると、崩すのは難しく、どのチームにとっても難しい問題です。バルサやレアルでも引いた相手にゴールを決めるのは難しく、ゴール決めれなかったら決定力不足と言われます(笑)。

引いた相手からゴールを奪うには、攻撃の得意な選手を起用するのと、DFを攻撃参加させて、攻撃の人数を増やす事だと思います。
この試合の左サイドはジョンヤ 藤春 今野でした。引いた相手にはこの3人では、個の打開力が無いので最後は行き詰まってしまう展開が多かったです。
なので泉澤の投入は良かったです。ドリブルでチャンスを作れるので、左サイドが活性化され、泉澤が出場してからチャンスは多く生まれました。もっと早く起用してほしいぐらいでした。今野はキャリアハイのシーズンを送ってますが、ドリブルで打開力がいる時は泉澤が必要です。今野の交代も仕方ないのかと思います。

泉澤や堂安を投入し、CBも高い位置まで攻撃参加し、最後はジョンヤをパワープレーで前線へ送り込むもゴールは遠かったです。CBが高い位置まで攻撃参加するのも、早い時間からではリスクが高すぎるので、柏戦やFC東京戦のやり方を継続するのがいいと思います。次はレッズ戦ですので、ミシャ式サッカーにガンバのサッカーが合うのか分かりませんが、インサイドハーフの力を最大限に発揮できる今期のガンバのやり方を続けるべきかと思います。



済州との試合と比べると内容も良かったですが、ホームで2試合負けたのはグループリーグを突破するには厳しいですね。アウェイでの次節に勝ち点3が必要になったので崖っぷちです。内容は良いので連戦で難しいですが、コンディション調整をしっかりとして試合に挑めればと思います。

レッズ戦も現地参戦します。勝利を目指しましょう。
  1. 2017/03/16(木) 07:11:09|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VSFC東京

仕事が微妙な時間に終了しましたが、後半からなら現地で見れると分かり、奪取でスタジアムへ向かいました。プロジェクションマッピングも見たかったですし。(プロジェクションマッピングカッコよかったし、迫力もありました。もう少し簡単に出来れば、毎試合選手紹介とかこれでいいと思います。)

当日券で後半には間に合いました。カテ5で電光掲示板の横の席で見る事が出来ました。思ったよりも見易かったです。


試合は3-0でガンバ勝利。東口のビッグセーブがあったからこその、快勝だとは思いますが、ハマればガンバは強いですね。
攻撃から守備への切り替えが早く、人が湧いて出てくる感じです。
あとは、相手がディフェンスラインでボールを回してる時のプレスも、数的同数でハメにいってるように見え、特にCBからパスが出た先へのプレッシャーが効きまくってる感じに見えます。ここに今野と倉田が強烈なプレッシャーを掛けて相手が戸惑っています。
とにかく今野が強烈で、恐らくキャリアハイのパフォーマンスです。縦横無尽に働いています。倉田も攻撃的な選手とは思えないほどの守備と運動量で、相手にプレッシャーを掛けます。
この2人が凄いので、ガンバにインサイドハーフの横に東京の選手が前線から降りてくるのですが、ガンバのSBが迷いなく凄い勢いでプレッシャーを掛けます。ここのプレスも強烈ですし、東京の前線の人数が足りなくなり、戸惑ってるうちに攻撃出来なくなりガンバにボールを奪われます。
東京のやりたい事が出来ずにガンバが試合を支配する展開になります。

前節の柏戦もプレスがハマって相手に何もさせず勝つパターンでした。昨年までの試合終了間際に、ピンチの連発があったのとか何だったのでしょうか?今年のガンバはハマればめっちゃ強いです。
Jリーグのチームにここまで前からハメにくるチームはないのかもしれませんね。相手チームが慣れてないので、どうすればと迷ってる内に試合が終了してしまうのかもしれません。
なんかACLに出て韓国のチームに負ける日本のチームのパターンに似てるような気がします。

中盤が3枚なので、大きく横に揺さぶられると脆いですが、どこかのチームに攻略されるまではどのチームも戸惑ってる間にガンバにリードを許す展開になって、時すでに遅しのような気がします。


攻撃は初瀬が効いてます。高い位置を取ることがチームの潤滑油になってます。藤春もそうなのかもしれませんが、SBの2人が高い位置を取るからこそ、FWが中盤に降りてきても前線に人が足らない現象も起きないし、前線に人がいるからこぼれ球も拾えるのかと思います。SBが高い位置を取ることで、CB3人でボールを回したり、遠藤がディフェンスラインに入ってボールを回したり、試合中に色々変化をつけれてます。

攻撃に枚数を割くことが出来、攻撃する時間も長く、カウンターでも人数がいるので攻撃のコンビネーションも上がってきているのかと思います。

ボロ負けの済州戦とが初瀬と長沢しかスタメンに違いはないので、初瀬は効いてるのかと感じます。

次は中3日でACLですね。東京戦でも神が降臨した東口が出場出来ないので心配ですね。この戦いが江蘇蘇寧でも通用するのかどうか見ものです。この試合とレッズ戦は現地参戦です。いい試合を期待します。
  1. 2017/03/13(月) 09:22:31|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS柏レイソル

前半20分頃まではDAZNで、結果を知った上で録画視聴しました。
僕の視聴環境がWiMAXなので、ライブ視聴はタブレットで観れましたが所々止まったりでした。(未だにWiMAXなんです(笑)。)
録画視聴はパソコンで視聴しました。画質は良くは無いです。背番号は見難いですが試合を観るには最低限の画質だと思います。


試合結果は3−1でガンバが苦手アウェイ日立台で完勝です!!!
ACLで無様な戦いをした中三日の試合で完勝でした。
しかも全く上手く行かなかった、3バックでの完勝です。

足も止まらなかったしもう何がなんやら訳が分かりません…


先日の試合と違うのは
オジェソク→初瀬
井手口→長沢

長沢がFWで倉田がインサイドハーフ
初瀬はオジェソクと同じポジションで右サイド
CBの並びが左からジョンヤ 三浦 ファビオを
ジョンヤ ファビオ 三浦
に変更

そんなに変わって無いんですけどね。
済州戦は3−5−2だったはずですが、実質5−3−2でしたが。この試合は3−5−2になってました。やりたいサッカーが出来たのでしょう。
上手く行った要因は攻撃か守備かどっちだと言われると守備です。守備の安定が良い結果を生み出したと思います。




・前線からのプレス

前線からのプレスがずっとハマってました。インサイドハーフの倉田と今野、SBの藤春と初瀬の思い切りの良さが目立ちました。行くとこと行かないとこの決まりがハッキリしていたのだと思います。だからプレスに行けたのだと思います。まぁ一番近い選手が行けって指示だったのかも知れません。遠藤も積極的にプレスに行ってましたね。
この守備で相手が戸惑ったのは間違いないです。柏の事はほとんど知りませんが、中盤でボールを回していい形でサイドの選手へボールを渡してチャンスを作りたかったと思います。中盤でボールを持たせないことに成功します。
初瀬がかなり積極的で、インサイドハーフを試しているというのも納得です。どこかで試してほしいです。


・三浦

この日は右CBでした。済州戦で上手く行かなかった3バックだったのと、左サイドのクリスティアーノ対策で右CBだったのかと思います。
この采配が的中です。クリスティアーノをほぼ完璧に抑えます。マークがはっきりしていたのでやりやすかったのを込みとしても、かなり上手く抑えたと思います。ロングボールを跳ね返すことも出来てましたし、1対1も負けていませんでした。上手くボールを回せない柏は、クリスティアーノお願いだったでしょうが、残念そこは三浦で、柏は詰んだのかなと思います。
三浦はマジでヤバイです。ハリルさんにバレタでこれ。


・東口

ディエゴオリヴェイラのヘディングを止めたのが大きかったです。ターニングポイントでした。あれを決められていれば多分負けていたでしょう。昨年よりも調子が良いように見えます。GKやCBが良いと確実に勝ち点を稼いでくれますね。攻撃的なポジションの選手のほうが見栄えはいいですが、勝ち点を稼ぐに堅いのは守備の選手ですね。これからも東神を待っています。



守備が良かったので、そのリズムのまま攻撃も上手く行ったと思います。柏のプレッシャーが済州よりも遥かに緩かったのも影響していると思います。ACLに出場するチームは、球際のプレッシャーが厳しいです。その後、Jのチームと試合すると大抵守備が緩く感じます。
そういう相手の違いもあったと思いますが、ガンバが済州戦と違ったのは、縦への意識と初瀬のポジショニングです。


・縦への意識

済州戦は先ずは遠藤を見て、そこから展開したいように見えました。
けど遠藤のマークがキツイ→遠藤がディフェンスラインへ降りてくる→遠藤がボールを持つが真ん中に人がいない→サイドへ展開→真ん中に人がいない、FWが遠い→パスの出しどころがない→バックパスこの繰り返しでした。

この試合は長沢が入ったことでターゲットが出来たからか、どの選手も先ずはFWを見ていたと思います。縦への意識があったからか、ロングボールを競り合ってこぼれるボールにも、中盤の選手やSBが絡むことが出来てボールを拾えていたと感じます。縦への意識付けがあることで、中盤のビルドアップがやりやすくなったように思います。
長沢がいることでチームがサイドからのクロスの意識を高く保てたのだと思います。1点目は長沢以外にもPAに多くの選手が入っていましたしね。
2点目も長沢がいたから初瀬もクロスを選んだと思います。アデミウソンと倉田の2TOPならクロスの選択は無かったのかも知れません。
(縦への意識と少しヅレてしまいました。)


・初瀬

アシストのクロスも良かったですが、攻守ともに積極的で素晴らしかったです。
特に攻撃時の高いポジショニングが良かったです。上手く説明できませんがあのWG的なポジショニングをすることでボール回しが上手く行ったように見えました。あのようなポジショニングを取るなら藤春やオジェソクよりも初瀬のほうがいいです。米倉にもチャンスが回ってきそうです。今シーズンは初瀬にチャンスが多く巡ってきそうですね。



済州戦は采配戦略戦術ミスで敗れたと思ってますが、柏戦は采配戦略戦術で勝利をもぎ取ったと思います。
掌返しです(笑)。

レッズや広島のミシャサッカーには4−3−1−2では相性悪すぎるように思っていたので、このサッカーが出来るなら3バックもいいと思います。どちらにしてもインサイドハーフの選手が今年は肝ですね。



最後に中三日後半足が止まると思いましたが、全然止まりませんでした。
ガンバが仕掛けた罠に柏がハマり続けてくれて、一番走りまくらなければいけないインサイドハーフにバテないし戦える今野と倉田だったこと。次に走りまくるSBがタフな藤春だったのと、フレッシュな初瀬だったことが中三日でも最後まで足が止まらなかったことなのかなと思います。気持ちの問題もあったのかもしれませんが、選手はどの試合も気持ち入れずに試合をすることは無いと思います。

自分達のプラン通りに試合を進めることが出来たか、出来なかったか、の違いなのかな。
120%やりたい事が出来て、それが上手く行けば選手も気持ちよくプレー出来るし、考え方もシンプルに出来ると思うし身も心も軽かったのだと思います。
けど昨年までなら必ず足が止まっていたのに、止まらなかったのは謎ですね…


次はFC東京戦からのミッドウィークにACLで江蘇舜天→レッズとの試合でホーム3連戦です。
僕は重要度から言うと
江蘇舜天>レッズ>FC東京
だと思います。ACLでもうホームでは負けられません。FC東京戦では今度こそターンオーバーだと思いますが果たして…

  1. 2017/03/07(火) 11:51:53|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS済州ユナイテッド

ACLグループリーグ2戦目、ホームでの済州ユナイテッド戦へ行ってきました。
結果は1-4で敗戦。内容は長谷川ガンバでワースト3には入るレベルの試合でした。ワースト1かもしれません。
過去のワーストクラスの試合は、だいたいがコンディションが悪かったパターンが多かったですが、この試合はゲームプランと采配が最低でした。
3バックのような5バックで試合をしました。5-3-2が全く上手くいきません。3バックや5バックは絶対ダメと言う訳ではないです。5人でディフェンスラインを引いて守る戦い方も間違ってはいません。この試合ダメだったのは、ディフェンスライン5枚と中盤3枚で守ってましたが、中盤3枚で守ったのがダメだったんじゃないかと思います。
5人のディフェンスラインは強力ですが、ディフェンスラインと中盤の間や、ボランチの横にスペースがあってそこを使われ、結局マークに行くのが後追いになって厳しくディフェンスに行けませんでした。だから引いてはいるものの、微妙なディフェンスだったのかと思います。
5-3-1-1にして、倉田をトップ下で起用し、中盤を4枚で守ればまた違ったかもしれません。中盤4枚で守ればもう少し様になったのかもしれません。

甲府戦は見てないのでなんともなんですが、ACLの予備予選や1戦目は4-3-1-2でかなり上手く行ってました。それは前からのプレスがハマっていたのもあります。3-1-2でプレスを掛けに行ってましたが、この試合は中盤3枚とFW2枚の3-2でプレスを掛けに行くので、枚数が足らないからか上手くハメれません。
5-3-2で守るなら、遠藤では厳しいので違う選手を起用するかFW1枚削って中盤で守備を出来る選手をトップ下で起用しないとバランスが悪いと思います。

攻撃も全然ダメでした。ボール保持している時のディフェンスラインはCB3枚。4-3-1-2で試合したACLの2戦はSBが上がってボランチの遠藤が下りてきて、CBと遠藤の3人でボールを回しているので3枚のディフェンスラインでボール回しています。同じ3枚でボールを回しているのに、パス回しのスムーズさが全然違います。FW2人も同じ人数なんですけどね。
相手の実力や戦い方を踏まえても、ボール保持している時のポジションが少し違うだけで、ビルドアップのスムーズさが全く違うのが面白いです。この辺がサッカーの面白さであったり、奥深さだと思います。
この試合はボールを持った時のパスコースが少なかったので攻めたいけど、前にボールを出す場所に選手がいないのでパスも出せません。だから攻めたくても攻めれないように見えました。


全ては戦略、戦術、戦い方が悪かったと思っています。前半見て、素人の僕でも分かりました。

前半耐えて、後半勝負に挑んだのかもしれませんが、前半終了時に0-2です。ホームで勝ちに行くなら後半は、前半の不味いやり方を変えて、攻撃にシフトチェンジすると思いましたが、井手口から長沢に交代するもやり方を変えずに後半を戦います。
案の定、全くダメでした。

最大の謎はやり方を変えずに最後まで戦った事。本当に分かりません。短期決戦のACLでホームでの試合です。何故に上手く行かなかった戦い方をやめないのか、全く分かりませんでした。

色々考えてみました。

・4-3-1-2でシーズン全て乗り切れないのでプランBが必要なので、この試合で試した。
・相手のシステムに合わせた。
・コンディションが整っていないので、メンバー変更をなるべく少なくし、出場する選手の特徴に合わせたシステムを組んでみた。
・週末の柏戦を見据えた上での5バック。

・長谷川監督が寝ずに考えて、閃いた超名案だったので、失敗してシステムを変更するのはプライドが許さなかったから。
・闇社会から圧力が掛かり、この試合にガンバが勝つと、長谷川監督の身の回りに危険が及ぼすため、負ける戦い方を選んだ。
・長谷川監督が買収されたから

最後の3つはネタですが、後半に戦い方を変えなかった理由でしっくりくるのがまだありません。

アデレード戦の後の甲府戦で、ターンオーバーしなかったのでコンディション調整が難しくなったのが失敗だったと思います。オーストラリア、アデレードは遠いですよ。
ホームでの開幕戦だったので勝ちに行ったのかもしれませんが、ACLを重視するならターンオーバーしなかったのは誤った選択でした。

もしアウェイ甲府戦だったらターンオーバーできたのかもしれません。ホームだから出来なかったのかもしれません。この辺は妄想ですね。


選手は良くやってましたし、何とかしようと気持ちは伝わりました。コンディションが整って4-3-1-2に戻った時にどんな試合をするか楽しみです。いつコンディションが戻るのか分かりませんけどね(笑)


次の試合はリーグでの柏戦。果たしてチームが動けるのか心配です。
  1. 2017/03/03(金) 07:00:03|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VSアデレードユナイテッド(ACLグループリーグ)

今シーズン初戦、格下相手に圧勝したガンバ。ACL初戦はアウェイでアデレードユナイテッドとの試合。
この試合も3-0で勝ちました。快勝です。相手は現在、オーストラリアリーグで最下位なので、めちゃくちゃ強いチームでは無いのを差し引いても、ガンバの試合内容は良かったです。
前からのプレスを掛けれている時は相手を圧倒出来て強いです。インサイドハーフに今野と井手口は守備面においてはかなり反則です。そんなとこでボール取れるんやと味方ながら感心してしまいます。
このメンバーで試合し続けたら、攻撃のコンビネーションも確立されてくると思います。
僕のシーズン前の予想は手のひら返しです(笑)。

ただ気になった点があったのでそれを書いて見ます。

・サイドのスペース

4-3-1-2のフォーメーションなので仕方ないんですが、どうしても3の横のスペースが空くのでサイドチェンジをくらうとガンバのSBが1対1や2対1の状況に晒されます。それを防ぐために、今野や井手口が飛んでくるんですが、運動量がハンパないので、ずっと出来ないし、物理的に無理な時があります。ガンバの先制後、アデレードがサイドを大きく揺さぶってきて、ボールを奪取するとこが無くなった事でアデレードのリズムになりました。
90分体力が持たない戦い方なのでガンバが意図的に引いたのかもしれませんが、サイドチェンジくらうと守備が後手後手になります。ここをどうするかですね。SBの守備能力と守備センス(イクのかイカないの判断)に賭けるしかないと思います。


・インサイドハーフの控え

ガンバの4-3-1-2の戦い方で負担が大きそうなのはインサイドハーフです。攻守の鍵もこのポジションなので、今野と井手口の出来が試合結果に大きく左右するのに負担も大きく見えます。今野と井手口だからこそ成り立っている戦い方なので、2人がいないとこの破壊力は出せないと思います。倉田なら出来ると思いますが、スタメンですし、ボール奪取能力が落ちると思うので、強いチーム相手には不安です。じゃあ、今野と井手口に任せきりにするにも、負担が大きい上に過密日程なので休ませないといけません。
このポジションは大事ですが5億あるならFW取る方が良いですし、補強出来ないなら誰かを育てるしかないと思います。
この試合は初瀬が途中から今野のポジションでやってました。攻撃の得意なSBがやるのも面白そうですね。誰が2人の代わりを務めるのか見ものですね。


昨シーズンまでの4-2-3-1と比べると4-3-1-2のフォーメーションの方が、それぞれに負担が大きいですがその分、選手に伸び代があるように感じられます。特にインサイドハーフとSBの能力はかなりアップ出来ると思います。弱点を攻略されずにしばらくこのフォーメーションで戦ってほしいです。
弱点を攻略されて4-3-1-2を止めるのだけは勘弁です(笑)。
4-2-3-1と上手く併用しながら戦っていってほしいです。

次節はJリーグの開幕戦ですね。直ぐにACLの2戦目があるのでスタメンに注目ですね。ガンバが甲府戦を選んだのは入場者数よりも勝ちやすいを取ってACLに力を注ぎたいと考えたからだと思います。僕はスタメンイジってACLに備えると思うのですが果たして。
  1. 2017/02/23(木) 09:38:52|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VSジョホール・ダルル・タクジム(ACLプレーオフ)

先日、息子が産まれました。2/7が出産予定日でしたが、2/6に産まれまして、元々休みを取っていたのでこの試合をスタジアムで観戦する事が出来ました。1日早く出てきてくれて親孝行な息子です(笑)。

さて2月の初旬でまだまだ冬の真っ最中ですが、ガンバ大阪は2017年シーズンがスタートです。
おこぼれで、予備予選からの出場ですがACLのチケットを確保したガンバ。阿部と大森の穴は大きいと予想していた僕ですが、試合結果は
3-0ガンバが圧勝。ACLの本戦に出場する事となりました。

そうです。圧勝です。気温はめちゃめちゃ寒かったですが、内容も素晴らしく、楽しい試合でした。

いい意味で期待を裏切ってくれました。

先日書いたブログで、こうすれば上手く行くのかもと思った事が

CBのデキ
阿部と大森穴をどうするか
遠藤の起用方法

この3点ですが、シーズン初戦で1発解答でした。
上手く行きまくりました。今回はこの3点を中心に書いていきます。


・CB

この試合のCBは、新加入選手のファビオと三浦です。いきなり新加入のCBを2人同時に起用して大丈夫なのかなと思いましたが…
申し訳ないですが、昨シーズンまでのCBとは比べ物にならないくらい素晴らしかったです。
対人能力も高くビルドアップが2人ともいいですね。前への意識を感じれますし、2人とも岩下よりも足元が上なのかなと思います。前への意識があって、CB同士での横パスを嫌っている感じもあって好感が持てます。ファビオは右利きだと思うんですが、左CBだからか、左足でファーストタッチを行うとそのまま左足でいいパスを出すのも好感が持てます。いいロングボールも出していましたし、これからもっとフィットしてくると思います。

三浦は得点まで取りましたし言う事なしです。三浦の事は全く知らなかったので、若いしJ3枠で取ったのだと思ってましたが(笑)、ガンバでレギュラーで出場し続ければ、日本代表に選ばれるような気がします。
なんでこんな選手が、昨年までJ2にいて、しかもSBで出場していたのか意味が分かりません?ガンバはお買い物上手ですが、三浦を取れたのはかなり大きいです。あと数試合のプレー見て気に入ったら、今年は三浦のユニを買おうかなと思います。

丹羽もジョンヤも一気に厳しい立場に追い込まれました。出番はあると思うので、腐らずにガンバってほしいです。


・チーム今野&井手口

SHの運動量と献身性が使えなくなった穴の変わりをどうするのかと思ってましたが、この穴を今野と井手口のボランチで埋めようとしていると思います。
この試合は4-3-1-2で戦いました。
(現地で見てたら4-3-3と思ってましたが4-3-1-2だったようですね。)
前プレがハマっていた事もあるかもしれませんが、ボールの奪いどころが今野と井手口のボランチでした。2人ならイケイケでボールを奪いに行ってもボールを奪えますし、最悪相手の攻撃を潰したり止めたりしてくれます。
3ボランチにすると、中盤を横の幅を3人で守らなければならないので、サイドチェンジされると、横へのスライドの距離が長く厳しいのですが、運動量とスピードでカバーし、後追いになっても厳しくプレッシャー掛けれるので上手くいきました。特に井手口のキレが抜群で、最後までスピードが伸びるように見えたのが印象的でした。

攻撃面でも今野はアシスト1ですし、機能しましたが、攻守含め今野と井手口だから可能なやり方なのかなと思います。


・遠藤

遠藤はと言うと2人のカバーですね。どちらかのボランチが釣り出されたら、そのスペースを埋める感じでした。井手口や今野がプレスに行くとあっさり抜かれる事は無いし、相手にもプレッシャー掛かるので正しいポジショニングをしておけば大丈夫です。
カウンターを1人で止めないいけない状況に晒されるとホラーですが、守備の怪しさは、誤魔化せているような感じです。

攻撃面は遠藤には厳しいマークでしたが、他の選手は割と空いていましたしディフェンスラインまで下がるとプレッシャーもキツくなく、時間の経過とともに楽しそうにプレーしてたのも印象的でした。
3点リードしてからの交代も納得です。リードしたら遠藤は交代のパターンが増えてきそうですね。



ガンバはやる事なす事上手く行きましたが、それは相手のやり方もあったように思います。
ガンバは前プレ掛けてるのに相手は徹底的に繋いできてくれたのも関係してます。罠に自ら飛び込んできてくれているので、ガンバもやり易かったハズです。元々ロングボールを蹴らないチームなのかなと思います。FWに背の高い選手がいませんでしたし、ロングボールもガンバの選手が競り勝ってましたしね。

期待値が低かったのに、200点の答えが返ってきて大満足の試合ですが、1つだけ懸念材料があります。

今野と井手口の代わりの選手を見つけられるかだと思います。
守備面で今野と井手口の負担が大きすぎます。サイドチェンジされて長い距離を走る回数が増えるとバテます。今野と井手口がバテると一気に守備システムが崩壊するでしょう。コンディション悪くなって休ませなければならなくなった時や、故障してしまった時にどう乗り切るかです。ACLを戦う事になったので、過密日程です。現実問題かなと思います。
2人と同程度の能力のある選手はいませんし、確保するのも無理でしょう。4-4-2に変更して乗り切るのか?それともコンバートなりして代役の選手を起用するのか?また倉田を便利屋さんで起用するのか?
この試合では2人の代わりの選手がベンチにいたのか分かりませんでしたが、これから見ものですね。
(今更ながら小椋がいればホンマに困った時に重宝したと思います。ですが、出番もほとんどないので、小椋には申し訳ないと思いますが…)

シーズン前と違い、とてもワクワクしている2017年シーズンになりました。ACL本番も楽しみですね。
  1. 2017/02/08(水) 19:06:25|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父親

2017年2月6日 妻と子どもがガンバってくれて父親になりました。
仕事も休ませてもらえたので、出産に立ち会うことも出来ました。ありがたいことです。

自由気ままにやってきた僕が、1児のパパです。信じられません。
ガンバって家族を養っていかないと思います。

僕は生まれ変わったら、ガンズ・アンド・ローゼスのヴォーカル、アクセル・ローズになりたいと思ってました。
で、2月6日の誕生日の有名人を調べると

アクセル・ローズと同じ誕生日でした!まさかの…
ぶっちゃけ、息子にはアクセル・ローズみたいになってほしくないです(笑)。

2月6日誕生日の有名人を調べると、福山雅治 坂井泉水 中田ヤスタカ ボブ・マーリー等、超一流アーティストの誕生日が多いです。

アーティスト肌の男の子に育つのかなと妄想したりしてます(笑)。けど、何より無事に元気に育ってくれればと思います。

これからは家族3人仲良く暮らしていけるように、ガンバります。
温かく見守って下さい。よろしくお願いい致します。
  1. 2017/02/06(月) 21:08:04|
  2. プライベート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 ガンバ大阪展望

ACLプレーオフが始まる前に2017年シーズンの展望を書いて行きます。

2016年シーズンは無冠に終わったガンバ。ACLは1勝も出来ずに予選リーグ敗退でしたが、リーグ戦4位、ルヴァン杯準優勝、天皇杯ベスト8と言う成績です。無冠でしたがACL以外は悪くは無い結果です。

2017年シーズンは阿部と大森が移籍してしまいました。三冠に大きく貢献した2人の移籍は、大きな痛手です。長谷川ガンバのキーマンはこの2人と倉田のSHだったと思います。宇佐美が移籍して、阿部と大森、倉田をSHで起用した事で、後半戦調子を上げていったと思います。SHの献身性があっての長谷川サッカーだと思います。

阿部と大森がいないですし、代役をこなせる人材もいないと思うので、今シーズンは長谷川監督が5年目ですが、チーム作りは1から始めるイメージです。

16年シーズンで、アデミウソンと藤本を加入させて、もう一段上のチームを目指しましたが、失敗した長谷川監督なので、阿部と大森不在のチーム作りが出来るのかどうかですが…


長谷川監督は攻撃の構築は不得意だと思います。引き出しは少ないと思います。ショートカウンターは機能してますが、そこもSHの献身性があっての事。両SHに献身性を求める布陣が採用出来ないのでやっぱり、ショートカウンター発動の回数も怪しそうです。

書いているとやっぱり、今シーズンは厳しそうです。僕のワクワク感もサッパリです。
ただ、こうなったら上手くいくかなと思うが2点。CBと遠藤が鍵だと思います。


・CBについて

長谷川監督では攻撃の引き出しが少ないと思いますが、そもそも、CBのフィード能力が低すぎるのが問題です。
CBから中盤やFWへビシッと縦パスが入らないので、遠藤がボールをもらいに下がりすぎて、それに合わせて選手も後ろへ下がるので、前の人数が少なくなってしまいます。新加入のファビオや三浦が良いパスを出せたら、攻撃も良くなるような気がします。

それとCBはディフェンス面でも課題があると思います。CBだけの問題では無いのかもしれませんが、ディフェンスラインが低すぎると思います。ディフェンスラインが低すぎるので、ボールを奪う位置が低くなり、カウンターの際にゴールまでの距離が遠くなると思います。それとディフェンスラインが低い事で、SHの上下動の距離が増え、それがSHのスタミナが90分持たない事に繋がっていると思います。
阿部と大森がいないので、SHの献身性に頼る事が出来ないからこそ、チームで連動したゾーンディフェンスの構築が必要だと思います。
新加入のCB2人には期待してしまいます。


・遠藤

あとキーマンを上げるとしたら遠藤です。
今野や井手口と比べるからなのか、ボールを奪えない事が増えてきている気がします。遠藤がボールに食いつくて、ボールを奪えないので守備で穴になってます。攻撃面ではまだまだ活躍する選手なので、どう起用するかですね。
ダブルボランチの1枚で起用するには、攻撃力の低いチームとの対戦以外はかなりリスキーに思えます。
アンカーでの起用して、守備面では今野や井手口のカバーをするのも良さそうですし、FWやトップ下での起用も良いと思いますし、スーパーサブでも面白いと思います。起用法を巡っては居酒屋で楽しく語るネタになりそうです。
僕は守備の負担を減らせばまだまだヤレると思うので、上手く起用してほしいです。



最後にACLについて

・ACL

まだ本戦に出場するか決まっていませんが、もし出場しても厳しいんじゃないかと思います。2015年シーズンはベスト4まで行きましたが、予選リーグ突破出来れば御の字かなと思います。15年の時と比べてチーム力は現状維持、若しくは低下しているように思えます。破壊力に欠けます。

15年はウサパトコンビが絶好調でした。特にパトリックが良かったと思います。強烈なプレスを逃れるのに、ロングボールを使ってましたが、そのスペースへ走るパトリックが効きまくっていたのと、高いボールを競りまくってくれたのが大きかったです。
今のガンバではディフェンスラインにプレッシャー掛けられて、ロングボール蹴っても収めれる選手がいません。長沢は身体を張ってキープするのは無理だと思います。ボールを繋いで交わすのも今のガンバには無理だと思います。アデミウソンはいい選手ですが、困った時にアバウトなボールを預けられて気持ち良くプレーする選手では無いと思います。
強いチーム相手に上手い事ゲーム運べるイメージが湧きません。
全北現代がいないので、序盤に勝ち点を拾っていけば後半に巻き返して予選リーグ突破の可能性はあるとは思いますが、どちらかと言うと悲観的に見てしまいます。ACLはめっちゃ燃えるので、何とか予選リーグ突破してほしいですし、予選リーグ突破出来れば御の字かなと思ってます。



今シーズンは遠藤の起用法が上手くいって、CBが機能して新加入の選手たちが活躍して優勝争いに加われるのかと思います。逆に、全て上手くいかないと優勝争いに加われないと思うので、厳しいシーズンになるのかなと思います。

自分の予想が外れて、ぶっちぎってシーズン独走してくれないかな。

今年も試合の感想を出来るだけ書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。
  1. 2017/02/03(金) 17:17:25|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Guns N' Roses Live in Osaka

死ぬまでに、叶ったらいいなと思う夢って誰もがあると思います。小さな夢や大きな夢。自分ではどうする事も出来ない、ほぼ不可能な夢。

「オリジナルメンバーでのガンズアンドローゼスのライブを観る」が僕の夢の1つでした。メンバー同士、仲が悪いのでほぼ不可能な夢でした。

それがオリジナルメンバーを含んでの来日公演になったので、もうめちゃくちゃテンション上がりました。クリマン会員になって先行予約でチケット買いましたし(笑)。
ポチッとした時の興奮は過去最高かもしれません。

これだけ興奮しているのに、今1番ライブに行きたいBABY METALが前座で出演する事になったので、リオ五輪の水谷選手ばりのガッツポーズです(笑)。
2月に出産予定の妻のお腹に向かって「頼むからこの日までに生まれないでくれ」と話しかけました(笑)。

ライブの感想です。

先ずはベビメタですね。
今までで1番楽しめました。
理由はアリーナで椅子がある席でしたが、僕の両隣りの席の方がいなかったので、かなりスペースがあって身体も動かしやすかったからかなと思います。(片方の席はガンズのライブの途中で、半分くらい過ぎたとこから来られました。)
ベビメタのライブ中は快適過ぎる環境だったのがめっちゃ良かったと思います。
ベビメタのライブは今回で3回目でしたが、今までで1番遠い場所だったので、3人の表情までは分からなかったですが、ドームと言う箱に負けず堂々としてるように見えました。彼女達はアリーナクラスも簡単に飛び越えて、ドームクラスのアーティストになったと思います。

新たな発見はイジメ、ダメ、ゼッタイの振り付けです。間奏のところでユイちゃんとモアちゃんが左右に走ってます。ライブ映像で見ると全力ダッシュしているように見えてましたが、そうじゃない事に気づきました。ずっと全力ダッシュをキメてると思ってましたがそうじゃないんですね。


ベビメタのライブにしては合いの手とか少なかったです。けど、アウェイって感じでも無く、ホームっていう感じでも無かったです。僕の周囲にいてたガンズファンのライブ前の反応は、ベビメタを皆んな楽しみにしている感じでした。ライブ中も楽しんでる感じでしたし、ドームやのにこの音半端ないって興奮してる方もいたので、いいライブだったと思います。ガンズファンははベビメタもイケると思うので、少しでもファンを獲得出来たんじゃないかと思います。


ベビメタ終わってアクセル様はいつ出てくるのかと。ガンズのヴォーカルアクセルローズは時間にルーズ過ぎるお方。前回京セラドームでライブした時は、押しも押して、終電の時間にParadise Cityやっていたアクセル様(笑)。ベビメタ終わったのが18時半頃。1時間後の19時半に始まれば御の字で、ベビメタ終わって2時間後に始まればギリギリ終電に乗れるのでそこまでに始まってほしいと思ってました。

それが、19時前にスクリーンにガンズのロゴが現れます。

「言うてもアクセルがこんな時間に出てくるわけないやろ」
皆んなそう思ってました。

けど、ロゴの文字が変わったり、動きに変化があって

「もしかして、ホンマに始まるんちゃうか?」
「けどアクセルがこんな時間に出てくるわけないやろ。」

このやり取りの会話を何度も聞きながら、僕も何度もそう思ってました。

けど始まりそうな雰囲気です。お酒をガッツリ飲むかどうするか迷ってるうちに暗転します。


「うぉーー」「きたぁーーー」
ガンズのライブが始まる嬉しさもそうですが、まともな時間にライブが始まる予想外の展開でテンション300%です。
どんな登場の仕方だったか記憶にありません。少し記憶が飛んでいます。それほど興奮しました。

正直1曲目がWelcome To The Jungleと思ってたので、身体はその準備をしてましたが、違いました。肩透かしを喰らいました。けど、このイントロは聞き覚えがある。
It's So Easyです。



It's So Easyはガンズの曲をメンバーが演奏してるのを生で初めて聞いた曲で、ソニックマニアに出てたVelvet Revolverのライブでした。
その時の興奮は今でも忘れなれないくらいで、僕にとっては特別な曲です。
それを1発目にやってくれたのし、アクセルとスラッシュが並び立ってるし、奇跡の空間にいてるしテンション500%くらいです(笑)。

小学生の日記みたいになってきました(笑)。
興奮したのを書いてるだけの内容の無いblogになってます。


ここまでテンション上がってますが、ぶっちゃけ1stアルバムとベストしか知りません、チャイニーズは1回しか聴いていませんし…
それでも感動的なライブでしたし、めっちゃカッコよかったです。
トークも無いのにぶっ通しで3時間ほど演奏する圧巻のライブでした。
アクセルが楽しそうに歌ってたのも印象的でした。太りすぎですけどね(笑)。
ダフはかっこいいおじさんです。

スラッシュは僕の中での最高のギタリストです。
どのアーティストのライブでもギターの上手さって未だに分からないんですが…
黒の帽子と黒の革ジャンに長髪にパーマ。スラッシュはシルエットが美しく絵になります。最高のギタリストは誰って言われたら僕はスラッシュと答えます。かっこいいですね。


もう兎に角、良かったとしか言いようがないです。死ぬまでに叶うといいなの、叶わないような夢のライブが見れたので、言うことはありません。
楽しすぎてお酒飲みまくったのに、お酒は足りないし次の日の二日酔いも無かったですし。こういう為に生きているんだなと再確認しました。
次はFUJI ROCKで見れたらいいなぁと夢を見てます。
ライブにはなかなか行けませんが、また色んなアーティストのライブに行けたらなと思ってます。


P.S 生まれ変わったら何がしたいと言う質問に、いつも僕は「アクセル・ローズになりたい」と答えています。嘘ではありません。
  1. 2017/01/27(金) 22:49:29|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:Mr.33
Mr.33です。
FUJI サマソニ等の夏フェスが好きです。
音楽が好きです。
サッカーが好きです。
ガンバ大阪が好きです。

ツイッター始めました。
http://twitter.com/sassan3103

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する