FC2ブログ

ゴラッソ

音楽やサッカー日常のことを書きます。

VS FC東京

ロスタイム弾での2-1で宮本監督初勝利でした。
ハーゲンダッツ貰えて、DA PUMP見れて、劇的勝利も味わえて現地組は最高だったのではないでしょうか。

僕は仕事で現地には行けなかったです。あと30分早く仕事が終われば現地で後半は見れたと思うので、残念でした。


・守備

後半しか見てないんですが、この試合に勝てたのは東口が防いでくれたのと、東京の選手がチャンスで外してくれたからだと思います。守備はとんでもなく酷かったです。

守備はバラバラ、個人の判断で守備をしている感じで、チームのルールが統一されていないように見えます。引いて守る守備がダメなので、今までのやり方を貫き通してもダメでしょう。三浦をSBにする事で、初瀬よりは守備力が上がるの間違いないですが、チームとして守備が崩されているので根本的な解決にはなってないです。
チームに守備戦術を浸透させたいですね。
言っても仕方ないですが、やっぱりW杯前に宮本監督にすべきでした。


・宮本監督初勝利

とは言え、試合結果はこれ以上のものは無いほどの結果です。ホームでロスタイム弾、宮本監督初勝利に加え、昨シーズンまでガンバを率いていた長谷川監督に大森、丹羽、リンスの元ガンバ戦士が相手なので、勢いをつけるにはこれ以上ない勝利。勝ち点3以上の勝利だと思います。普段のホームでの勝利の10倍くらい価値ある勝利です。

試合内容は改善されているとは言え、特にホームでの結果が早く欲しいところだったので大きい勝利です。またガンバの試合を見にきたいと思えるような試合だったと思います。
ホームでどれだけ選手を後押し出来るかは大事です。サポーターの心を掴んだり、離さないようにするためにも、勝利は大事です。
残留するにはホームでの後押しは必須なので、今後の観客動員に繋げるにも最高の勝利だったと思います。

逆にガンバがアウェイで終盤に押されまくったら、ホームチームがイケイケになって得点奪うのも分かりますし、アウェイの名古屋や磐田に終盤点を取られたのも必然かなと思えてきました。




次は札幌とホームでの試合です。
サイドの守備が苦手なガンバと、サイド攻撃が得意なミシャサッカーの札幌なので、どう考えても分が悪いです。1日多く休んでいるガンバが、何とかホームの後押しで勝ち点をもぎ取れたらと思います。

札幌戦と次の仙台戦が終われば、週1回の試合に戻ります。ホームでの試合は東京→札幌→川崎→広島とここをクリア出来れば、上位陣とのホームでの対戦が終わります。
予想通り少し上の順位のチームは勝ち点伸ばせられてないので、コツコツ勝ち点を積み上げるしかないです。


決戦は10月だと予想します。10月以降は上位チームとのホームでの対戦が無く、下位チームとの直接対決が待っています。それまでにチームとして守備戦術が整える事が出来て、残留ラインに離されないように喰らいつければ、自らの手で残留を勝ち取れると思います。
今はチームの体制を築きながら粘って勝ち点をもぎ取ってほしいですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/13(月) 17:43:29|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS名古屋グランパス


2-0からのショッキングな逆転負けでした…
さすがに精神的に堪えます。けど、前を向いていくしかないです。


2点目の崩しは最高でしたし、めちゃくちゃ悪い試合では無かったですが、押し込まれて跳ね返すパワーがなかったです。
時間を追う毎に外へ外へとポジショニングしてしまうのも良くなさそうです。


・守備

ガンバは守備に問題があると思ってます。中盤とサイドの守備に連動性が無いように見えますが、この試合のベンチメンバーを見て、中盤もサイドも守備の計算が出来る選手がいません。
倉田や藤本の交代も運動量が減ってきたので妥当だと思います。

遠藤をボランチで起用せざるを得ない状況なので、点を取って勝つしかないです。


・小野瀬

この試合の大収穫は小野瀬でしょう。守備の出来るボランチを補強するのが最優先だと思ってるのに、何故にサイドの選手?
確かにサイドの選手も守備の計算が出来て、攻撃も出来る選手が必要なのは必要やけど…と思ってました。
けど、小野瀬のプレーぶりを見て次節スタメンだと思います。めちゃくちゃ良い選手を取ってきましたね。

攻撃センスがあって、ポジショニングも良く、アデミウソンとも合いそうです。
もう少ししっかり見たいですが、SHの守備が出来そうな感じがします。だから次節スタメンです。

宮本監督が目指すサッカーにフィットしそうです。

普通に考えれば倉田がベンチだと思うんですが、宮本監督の倉田に対しての序列や信頼感ってどうなんでしょう?次節注目ですね。


確かにショッキングな負けでサポーターのブーイングしたい気持ちは分かります。けど、ブーイングじゃなく拍手するって言ってませんでしたっけ?何で2-0からの逆転負けやねんって気持ちは十分すぎる程に分かりますが、そこはグッと堪えてほしかったです!

実質最下位みたいなもんですが、15位のチームとも勝ち点差は離れてません。少しづつ勝ち点を積み重ねられるようにサポーターが後押しせねばと思います。

次節はホームで長谷川FC東京です。ガンバに縁のある選手も多いので勝つと勢いにノれる相手です。遥か上の順位のチームですが、ホームで選手の後押しをして勝って勢いつけたいですね。
  1. 2018/08/06(月) 06:46:41|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS鹿島アントラーズ

この時期は毎年フジロックへ行ってるんですが、今年は断念しました。

早割チケットが運良く取れたんですが、妻の了解を得ずに取って、いつ言おうかいつ言おうかと、悩んで言うと激怒されてしまいました…
家庭が崩壊しそうな気がしたので、行くの辞めました(笑)。

風でめっちゃ大変そうでしたが、来年は1日だけでも行きたいですね。


自宅フジロックの予定でしたが、クルピ監督解任で宮本監督が就任になりました。フジロックにも行けてないし、宮本監督の初陣はどうしても現地で見たかったので、スタジアムへ行ってきました。
フジロックへは行けませんでしたが、宮本監督の初陣を見れて運が良かったです。


試合は1-1の引き分けです。
宮本監督の初陣を勝利で飾る事は出来ませんでしたが、僕の見たかったガンバが帰ってきた試合でした。

自分で言うのも何ですが、楽しみを見つけるのは得意で、ここ数年のガンバも楽しかったです。けど、試合を見てトキメク事って殆ど無かったです。ハッキリ言って、ガンバの試合に人を誘う事が出来なかったんですよね。ガンバにそれほど興味が無い人を誘って満足させる自信が無かったです。
けどこの試合ではトキメク事が出来ました。これなら人をスタジアムに誘えます。


試合前に思っていたのは3点

攻守の改善の兆しが見られるか?
サポーターがガンバを後押し出来るか?

1発回答でした。3日間で改善出来るのは宮本監督が名将なのか?前任者と前前任者が引き出しを持ち合わせていなかったのかどっちなんでしょう?長谷川さんは守備では引き出しありましたが、攻撃面が…


・攻撃

劇的に改善されたのは攻撃です。コメントを見る限りでは守備の練習がメインで、攻撃の練習はあんまりしてなさそうなのに改善されているのが感動です。

SHの倉田と米倉が中に絞ったポジショニング。SBが高い位置を取ってました。少し映像を見直しましたが、開始1分には見られて、それが長い時間続いていたので、仕込まれた攻撃だと思います。

何が変わったかと言えば、DFラインやボランチから真ん中へのパスコースが増えた事。長谷川サッカー時代から、ボールを保持した際にどうやってボールを前進させるかが課題でしたが、ポジショニングだけで一発回答です。

後半は特に、またSHがサイドに流れてしまってましたが、この中に絞るポジショニングを続ける攻撃が第一の矢になれそうです。今までより高い位置でボールを保持出来ますし、SBが高い位置でフリーでボール触れる事が多かったです。押し込める回数も劇的に増えました。

適切なポジショニングが取れると、足もと得意の三浦 ファビオとボランチの遠藤辺りだけで相手の前プレを剥がせそうな感じもします。
ガンバの弱点は前プレ掛けられた時のアイデアの無さでしたが、これも解決出来そうです。

攻撃が問題と言う声も見かけましたが、今までとは比べ物にならないほどチャンスが作れるはずで全く問題ないです。

宮本監督は3日間で秩序をもたらせましたね。



・守備

守備も改善されたように見えました。守備に関しては絶対これって断言出来ないので、まだまだ僕自身がサッカーを理解してないのでしょう。単騎突撃プレスが減ったのと、FWがパスコース切りながら守備しているように見えました。今までよりはポジショニングを守ってるように見えました。高は宮本チルドレンだけあって、ポジショニングが良く、センスを感じました。

課題は初瀬の左サイドですね。初瀬は対人守備に難有りですし、初瀬を釣り出されれて、その裏を狙われますし、そこをどうするかです。米倉右SBでジェソク左SBにしても、今度は米倉を狙ってくるでしょう。
藤春ジェソクにしたら、攻撃で藤春が足を引っ張ると思うので、初瀬が成長するしかないです。

初瀬が釣り出されないように、そして釣り出されてもCBが穴埋めしないような守備が出来るようになればと思います。



・サポーター

宮本監督を勝たせたいとの思いが強く出ていて、ダービーばりの雰囲気があってガンバ戦士の後押しが出来たと思います。僕もいつも以上に手拍子、拍手をガンバったので試合終了後肘が痛かったです。
後半、残り時間が少なくなって、ガンバのチャンスが増える毎にスタジアムの一体感も強くなっていきましたね。これぞホームな雰囲気。この雰囲気を作り出せれば、ホームで勝ち点稼げるはずです。
この試合だけでなく、継続してホームの雰囲気を出したいです。

残念なのは8月ホームは平日開催なんですよね。ホームの恩恵を作り難いかもしれませんね。
9月からは多くのサポーターが駆けつけれる土日開催です。この時期までに残留ラインの辺りにいれば、9月以降ホームで勝てるはずなので、8月の連戦を何とか乗り切ってほしいです。


・キーマン

攻守ともに遠藤と倉田がキーです。遠藤の守備が劇的に上がる事はないでしょうし、監督のサッカーを理解した上で、時にはイレギュラーな事をすると思います。攻撃センスは言うまでもないので、宮本サッカーにどう組み込まれるのか、期待と楽しみと不安でいっぱいです。

けど1番は倉田ですね。気負わず、監督のサッカーを理解しないとガンバが劇的に浮上しないですし、理解出来なければ若手にポジションを奪われそうです。ガンバの10番なのでやってもらわないといけません。最後の最後でチームを救ってほしいです。


9月以降土日のホームは全出席しようと思います。
この試合を見る限り、ガンバのサッカーにトキメク事が出来たし、チームとしての成長をこの目で見届けたいなと思いました。

補強してないので不安要素が多いと言われますが、このサッカーなら間違いなく残留出来ると確信しました。

次節以降も楽しみです。
  1. 2018/07/29(日) 17:34:24|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルピ監督解任 そして宮本監督就任について

清水戦を観に行って、感想を書こうと思ったら、クルピ監督解任で宮本監督就任になったのでこちらを書きます。


クルピ監督を続投していたら、99%残留は無理だと思っていたので解任されて良かったです。


守備はバラバラ。攻撃は単騎突撃とチームとしてめちゃくちゃに見えました。中断期間何をしてたんやと目を覆いたくなるような試合でした。
選手のヤル気はめっちゃ感じましたが、空回りしてましたね。
攻撃の最適なユニットを色々と試してるように見えましたが、結局上手くいかなかったです。
チームとして成長曲線が全くなかったので、解任は妥当だと思いますし、残留するには選手補強よりも解任するのは間違いないです。
解任するには中断前が妥当だったと思いますが、ギリギリもギリギリのタイミングだったと思います。

僕はこれで残留出来ると思います

・J3での手腕

宮本監督についてですが、J1の監督経験が無く、松波さんの二の舞にと言う声も多いですが大丈夫だと思います。
J3での監督業をチラチラっとしか見てませんが、チームに戦術は落とし込めているように見えます。前任者より、チームに規律はもたらす可能性は大きいです。
時間がない中でどれだけチームに戦術を落とし込めるかがキーです。守備のやり方を理解している宮本チルドレンを起用するのか?それとも今の主力選手に戦術を落とし込むのか見ものです。

宮本監督なら可能じゃないかなと思います。


・サポーター 選手コーチとの一体感

宮本監督就任でサポーターと選手 コーチとはガッチリ手を組めたと思います。ガンバのレジェンド中のレジェンドツネ様です。サポーターは何としても宮本監督に泥を塗らないようにガンバるでしょう。


・他のチームもそんなに強くない

最後に他のチームも大したことないです。(16位のチームが何を言ううとんねんですけどね)

僕は生で試合を見ないと、相手チームが骨っぽくて強いチームかどうか分からないんですよね…
今年見た試合で、骨っぽくて強いチームは無く、もう少しガンバがマシならかなり勝ち点拾えたと思った試合が多数でした。
他チームもそこまで勝ち点は伸ばせないと思うんです。
少しチームが整理されるだけで、ガンバの勝ち点は伸びて、残留圏内に追いつけるはずです。


僕は絶対大丈夫だと思うので、悲観ではなく、期待しかないです。

宮本ガンバの初陣は行きたいです。何とか調整をつけたいです。
  1. 2018/07/24(火) 06:37:07|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS浦和レッズ

この日はカテ1のコーナーフラッグ辺り最上段の席で観戦。
この席を選んだのは、子どもを連れて行こうと思ってキッズルームの近くの席が良いと思ったからです。結局、子どもは妻とエキスポシティでお留守番で、母を連れて行きました。
周りにはキッズ連れが多かったです。キッズルームが近いので、子どもを連れて観戦するには最適な場所だと思います。出口も近いですし、子ども連れには最高の場所かもしれません。

けど、試合は展開や、各選手の配置などは分かりづらく、僕はピッチの真ん中を俯瞰して見る席の方が好きです。

と言うわけで、0-0の試合でしたが、細かい部分はいつもより分かりませんでした。
ガンバはかなり弱いし、チャンスの数が少なく、面白くない試合でした。レッズも強さを感じなかったですし、相当ヤバそうでした。
他チームの心配をする余裕なんてないガンバにはありませんけどね(泣)。
サッカーの楽しさを感じる事が少ない90分でした。こんな試合ばかりなので観客動員も減りますよね。


・中断前までに試合を通して感じた点と今日の試合から見る今後の展望


ガンバの問題点は3点

ボランチの守備
ビルドアップ
攻撃が遠藤頼み


この3つです。結局これが全く解決されませんでした。そして全てに遠藤が絡んでいます。

ボランチの守備は今野怪我と井手口がいなくなったのが痛いです。昨年は今野と井手口のチームだったので、チームの根幹が失われてしまっているので仕方ない部分もあります。
けど、井手口の離脱は予想出来たので補強で補えたはずです。マテウスはタイプが少し違いますし。


今野の復帰が未定になったので、マテウスと高江のボランチで遠藤のトップ下が1番バランスの取れるフォメだと思うんですが、クルピ監督はそんな気が無さそうです。

今年のチームのスローガンは奪還なので、もう守備は諦めました。攻撃を奪還して、脆いボランチの守備で良いです。今年は遠藤と心中です。

今年の遠藤は攻撃面ではかなり良いです。クルピ監督になったのと、W杯を狙ってたからかもしれません。コンディションも良いです。遠藤にやってもらうしかないです。


遠藤をどう生かすかが、攻撃面での生命線ですが、対戦相手も重々承知です。遠藤のマークを厳しくして前を向かせないようにします。
遠藤が前を向いてボールに触れなかったり、ボールを持っても遠藤を感じれる選手がいないので、前にボールが運べない。DFラインでボールを回すが、パスの出しどころが無く、苦し紛れのロングボールで相手にボールを取られて攻撃出来ない。こればっかりです。
ボールを持てないし、チャンスも少ないし、あっても単発的で良い形でボールも取れないのでショートカウンターもあまり発動しませんし、迫力のある攻撃も無いし、見ていてつまらない試合が多発しています。


・遠藤のサッカー感に合う選手


二川がいなくなってから、遠藤と共鳴出来る選手がいなくなってしまい、いつまで経っても改善されません。倉田が遠藤のDNAを受け継ぐのかと思ってましたが、どうやら違うようです。
食野や中村は試合で長い時間遠藤とプレーをすれば、DNAを受け継ぐ事が出来そうな気がします。けど、クルピ監督は長い時間プレーをさせるつもりがないのでしょう。


レッズ戦を見て感じたのは、藤本が1番合うんじゃないかと。遠藤ボランチ、藤本トップ下なら魅惑の攻撃を構築出来るかもしれない。魅惑の攻撃になるには時間が掛かるかもしれませんが、ボールを持っても停滞している攻撃からの脱却は出来そうな気がします。
真ん中にボールの出しどころがあり、遠藤や藤本がボールを持てば必ず良いパスが出て来ると他の選手は思うはずなので、動き出しが増えそう。動き出しが増える事で攻撃にダイナミックさが加わるのではないでしょうか?

藤本のサイドの守備はかなり怪しく、ポジショニングが悪いように思います。そこから守備が崩れていくので、トップ下にする事によってデメリットも消せるので一石二鳥かと思います。


1TOPにエアバトルと裏抜けの出来る選手を置いて、遠藤や藤本を介する地上戦以外のパスルートを確保し、サイドに中村や食野を置けばもう少しマシな戦いが出来ると思うんですけどね。


机上の空論ですけどね。センターラインを固めないとチームも固まらないと思うんですよね。
普通のシーズンなら、もう降格間違いないですが、他チームも全然ダメなのでまだチャンスはあるはず。
中断期間でチームを固めて何とか残留したいですね。
  1. 2018/05/25(金) 06:33:59|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS横浜F・マリノス

1-1で引き分けでした。
不必要なファールからのFK弾だったので、勝てた試合だったかもしれないし、チャンスの数からすると、ガンバのチャンスは少なかったし、今期アウェイで勝ち点0だったので、勝ち点1を取れて良かったとも思える試合。横浜が勝ち点2を落とした試合と表現するのが妥当かと思います。
攻められていた割にはそれ程怖さも感じませんでしたけどね。

札幌戦は後半だけで、仙台戦も、ルヴァンの広島戦も試合は見れていないので、鳥栖戦以来のフルタイム視聴でした。

このサッカーするなら、長谷川監督でも良かったんじゃないですかね。
内容が向上してる感じがしないのがキツいです。
例年なら100%落ちると断言出来ますが、最近戦った鳥栖や横浜も相当ヤバそうでしたし、名古屋もヤバいらしいし、下位のチームが揃いも揃ってダメっぽいので、ガンバもワンチャンあるかもしれません。
ガンバも相当ヤバいですけどね(泣)。


・今野

今野が戦列に復帰したと聞いて、安心しましたがパフォーマンスがかなり酷かったです。いつもだったら狩り取れるボールが全然取れない。こんなに酷い今野は初めてです。今野のパフォーマンスがモロに順位に直結するので、本当に厳しいです。
本人はW杯出場の可能性があるので、無理して試合に出場しているのかもしれません。ガンバ的には完全復活まで休んでほしいですが、やっぱりW杯の可能性があるなら無理するよなぁ…

このパフォーマンスならW杯メンバーに選ばれるのは厳しいでしょう。中断期間で怪我をしっかり治してベストコンディションの今野に戻ってほしいですね。


遠藤とマテウスのボランチは守備が緩いので、今野の代わりには高江だと思うんですよね。起用してほしいところです。
  1. 2018/05/14(月) 06:35:05|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VSサガン鳥栖

湘南戦から中3日。
メンバーを固定して戦うクルピガンバ。走れず惨敗すると思っていまいしたが、3−0でホームで完勝です。
ホーム3連勝なので良かったです。

勝利の要因は、ガンバより鳥栖が弱かったにつきます。今シーズン戦った相手の中でルヴァンのアウェイで戦った浦和と同じくらい弱く、歯ごたえが全く無い相手でした。
ガンバが何を言うてんねんと思いますが、鳥栖はガンバよりヤバそうな感じでした。

ガンバの右サイドの守備は穴だと思ってて、遠藤とマテウスのボランチも守備では心許ないです。僕でも思うくらいなので、鳥栖も分かっていたようで、前半はスタッツを見ても分かるように、鳥栖はガンバの右サイドからしか攻めていません。
けど、崩されてる感じもあまりなかったです。米倉が遮二無二走っていたのも良かったですし、オジェソクが効いてましたね。

(韓国代表監督がファンウィジョを見に来られていたようですが、実はオジェソクもチェックしに来たと思うんですよね。守備が得意で両SB出来るオジェソクはW杯本戦でこそ使い勝手いいんで選ばれると思ってるんですけどね。)



それでも、このガンバ相手チャンスを多く作れないのは深刻かもしれませんね。
ガンバ相手にハマらなかっただけだと良いんですが…


ガンバは順位が近いチームに直接対決で勝ち点3をゲット出来たので100点満点の結果です。攻めまくっていた割には、内容はそんなに向上している
ようには見えませんでした。けど、勝利した事でチームが上向きになればと思います。

攻撃の中心は遠藤なので、彼を疲れさせずに上手いこと起用出来ればと思います。中2日で多分メンバーも固定でしょうし厳しいですが、次節もホームなので勝ちたいですね。
  1. 2018/04/30(月) 12:35:45|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VSセレッソ大阪

待ちに待ったダービー。とはならず、クルピ監督を続投させて良いのやら、けど、ダービー負けたくないって思ったり、複雑な心境で迎えた大阪ダービー。こんな気持ちは初めてでした。
ですが、スタジアムへ行く途中、ピンクのユニフォームを着ている方を見かけるたびに、やっぱり負けたくないと思いが強くなっていきました。
スタジアムへ着くと、もう監督問題なんかどうでも良くなり、ダービーは絶対に勝つと言う心境の変化が出てきました。


試合はPKの1点を守り抜いて1-0で勝利です。
昨年のホームでのダービーは、フジロックに行っていて、TLを気にしながらライブを見ていて、勝った瞬間、強い気持ち強い愛を歌っていて、それはそれは最高に気持ち良く、思い出のダービーでした。
けど、現地観戦で、あの雰囲気を味わいながらの勝利は何物にも変えられないですね。
最高です。


ダービーについての感想を3つ程書きます。


・高江

リーグ戦デビューがダービーと言う大舞台でしたが、及第点の出来では無く、MVPの出来でした。
兎に角、ポジショニングが良いです。自分のエリア、ポジションを守っているので、いて欲しい場所、いなければいけない場所にいてます。これがガンバを大きく助けていました。特に守備ですね。
ガンバのボランチの選手はボールに食いつきまくるので、そこでボールを取れれば良いのですが、取れなければ大きく穴を空けます。そこを高江はバランスを取りながら上手くやっていたと思います。カバーリングも自分のポジションを守りつつ、1番危険なエリアを消しつつバランスを取って守備をしてました。


この試合を見る限り、ガンバに足りなかった最大のピースがハマったかもしれません。
高江をボランチで起用する事で、遠藤をトップ下で起用する事も出来、ボランチの守備も安定しましたね。

拙い文章で伝わらないと思いますが、攻守において高江がバランスを取る事で、他の選手の役割が明確になり、他の選手も好パフォーマンスが発揮されたと思います。
特に遠藤をトップ下で起用出来るのが良いです。攻守においてメリットがたくさんあります。


後は、サイドに中村か食野がスタメンを確保する事が出来るようになれば、攻守に安定した戦いが出来きてクルピガンバが出来上がるかもしれません。


高江は今年からボランチで起用されて、このパフォーマンス。U23を経験してる選手がトップチームに上がってくると、ポジショニングが良くモダンな選手ばかりですね。

もしかして宮本監督名将かもしれませんよ。


・GK

東口が負傷してしまいました。
東口で勝ち点をもぎ取った試合は数え切れない程あります。違うGKだったら決められているシュートも東口が防いでくれていました。
チーム状態が悪い中、東口が最後の砦でしたが、残留に向けて相当厳しくなったと思います。

途中出場の林はよくガンバったと思います。
試合始まる前からユニフォームを着ていますし、磐田戦では、ユニフォーム姿でハーフタイムに練習してたりと、いつでも準備をしているからこその無失点に押さえれたのだと思います。

けど、東口のようには防いでくれないでしょう。
U23の試合を見る限り、ポジショニングが悪いというか、準備が出来ていなので、余計な失点を犯す印象があります。


トップチームの試合に出場する事で、能力が上がれば良いんですけどね。応援するしかないです。

幸いにも藤春とオジェソクがSBなので守備は安定しそうですね。
林にとっては追い風かもしれません。





・ダービーについて

今回試合をしたセレッソは強かったです。残念ながら内容もセレッソかなと思いました。けど、勝ったのはガンバです。
ガンバが勝てた要因は、上に書いた小沢健二じゃないですが、ガンバの選手やスタッフ、サポーターを含めたダービーに対する強い気持ち強い愛もあるかと思います。

他所様を批判するのはセレッソと言えども好きではないんですがあえて。

予選リーグを突破出来る可能性のあったACLをメンバー落として敗退し、最下位のクルピガンバに負けて、自分がセレッソサポーターならブチ切れです。
前半戦の天王山はACLとダービーで、ここを全力で取りに行かなければならなかったと思います。
広州恒大に全力で戦っていたら、決勝トーナメントに進めたかもしれないですし、本気で広州恒大と戦った後にガンバと戦えば、ガンバのプレーは軽く感じられ、余裕を持ってプレー出来たはずなので勝てたかもしれません。

リーグ戦の賞金が上がった事で、リーグ戦を重視するのは分かるんですが、ACLを勝ち抜いて見える景色や経験は、勝ち抜く事でしか得られないですし、それがクラブの経験、財産にもなります。それを放棄するのは愚策に思えます。
賞金は大事ですが、意地やプライド、そう言うのが必要な時もあって、それがACLとダービーだったと思います。
そんな強い気持ちが無いようであれば、ダービーでの優位はまだガンバにあるのかなと思います。
ガンバのほうがダービーに対しての強い気持ちはあると感じます。
セレッソ強いのに勿体ないです。


広州恒大とのアウェイの後の試合にダービーを持ってきたのは、ガンバの策略で、昨年のお返しです。




ダービーは勝ってめっちゃ嬉しいですが、ガンバは前途多難です。チャンスを多く作れているわけでもないですし、東口の離脱で失点は増えるだろうし。高江が好パフォーマンスを見せてくれましたが、連戦続きでコンディションを落とすでしょうし、遠藤も休ませながら起用せざるを得ないですし、ええ加減、ファンウィジョも休ませてあげたいですし。
苦しいですね。
クルピ監督が上手く選手をローテーションしてくれれば良いのですが…

僕らは応援するしかないです。
  1. 2018/04/24(火) 06:39:37|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VS V・ファーレン長崎

勝ってダービーを迎えたかったのですが、0-3で完敗です。

前節も数多くの決定的なシーンは作られていて、紙一重のところもありましたが、前節の
勝利を無駄にして流れを持ってくるチャンスを失ってしまいました。

今シーズンはもう99.9%ダメでしょう。
残り0.1%に賭けて応援するしかありません。

ミッドウィークにルヴァン杯での浦和戦がありますが、ダービーへ向けての展望じゃなく願望です。

・ルヴァン杯は主力全員休ませる

長崎戦はどう見ても動きが鈍かった。遠藤とマテウスはボランチとは思えないほどカウンターの時の戻りが遅かった。ルヴァンでチームを作る余裕などなくて、ダービーへ向けて休ませて下さい。


・中村 食野 井出の3人を中盤で同時起用

ここまでクルピサッカーを見てきて、監督のやりたいサッカーを体現しているのは、中村 食野 井出だと思います。あと、遠藤です(攻撃面のみ)。
倉田や藤本は合ってないように見えます。
藤本はまだ出場時間が短いので分かりませんが、倉田は合ってないんですよね。コンディション悪い影響があるかもしれませんが…


自分のやりたいサッカーに合う選手をたくさん起用しないで、負けを繰り返しているのが、引っ掛かります。

若い3人を中盤で同時起用して、どんなサッカーを披露してくれるのか、最後に見てみたいです。


それでダメならもう諦めもつくんですけどね…
  1. 2018/04/16(月) 19:00:38|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VSジュビロ磐田

観戦仲間と行く予定にしていた、神戸戦のチケットを購入したつもりが、QRコードを送る際に間違えて磐田戦のチケットを購入した事に気づき、仕方ないので無理矢理有休を取ってこの試合を現地観戦する事になりました(笑)。
(今の部署は有休を取りやすいのでいい部署です)

結果はリーグ戦のホームでは7月末のダービー以来の勝利。
全く観に行くつもりもなかった、ミッドウィークの磐田戦。間違ってチケットを購入してホームの勝ち試合を観ることが出来てラッキーでした。
人生こんなもんですね。

個人的にリーグ戦のホームでの勝利は昨年4月に6-0で勝利した大宮戦以来なので、約1年振りの勝利でした。ちょこちょこ行ってたんですけどね。ヤットです。
優勝した時くらい嬉しかったのはここだけの話です(笑)。嬉しかったです。

勝った試合は山ほど書きたい事が出てきますが、2点だけ書こうと思います。

・1点目のCKに繋がったプレー

1点目はCKからファビオのゴールで先制しますが、CKに繋がったのは、マテウスのボール奪取から始まっています。これはガンバの作戦勝ちだと思います。

想像ですが、磐田の選手達はガンバが前からプレスを掛けてくる事を想定してなかったのだと思います。
神戸戦はあまり前からプレスにいってなかったですし、少し引いた位置から守備を始めると思っていたはずです。そこをガンバがこの試合、初めて前からプレスに行ったところをボール奪取しています。もし前からプレスに来ると分かっていたら、CBが緩いパスじゃなくもう少し強いパスを出していたと思います。
ガンバからしたら痛快ですし、磐田からしたら悔やまれるプレーでしょう。
ガンバからすると、思い描いていたプレーからの得点だったので、選手、監督、スタッフともに気持ち良かったと思います。

相手の裏をかいたり、相手の想像していない事をするのは、サッカー以外にも通じるものがあると感じさせる先制点までの流れでした。


・ガンバの未来

食野と中村が並び立った時、それがガンバの未来だと確信した。ボールを受けて前を向ける。そして仕掛ける。ここ最近のガンバに足りなかったものだと思う。ここに遠藤が加われば、攻撃のルートが格段に増え、多彩な攻撃が披露されるだろう。
僕これがガンバの未来想像します。

遠藤もプレーしていて楽しいだろうな。

直ぐに長崎戦ですね。長沢まで怪我してしまいましたが、しっかり休んでほしいです。
何とか結果がほしいとこですね。
  1. 2018/04/14(土) 00:23:40|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Mr.33

Author:Mr.33
Mr.33です。
FUJI サマソニ等の夏フェスが好きです。
音楽が好きです。
サッカーが好きです。
ガンバ大阪が好きです。

ツイッター始めました。
http://twitter.com/sassan3103

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する